ランニングがメンタルに与える影響5選!

ランニング

ランニングは手軽に始められるスポーツとして、どの世代の方にも人気です。

そんなランニングですが、フィジカルだけでなくメンタルにもポジティブな効果が期待できるということで知られています。

さて、ランニングをすることで得られるメンタルへの影響には、どのようなものがあるのでしょうか。

今回は、そんな好影響を5つ紹介していきます。

生活リズムが整えられる

ランニングは、運動経験の少ない方でも気軽に楽しめる運動です。また、老若男女問わず、自分にあったペースで楽しめます。

さらに、走りやすいウェアさえ準備できればいつでも始めることができるので、少し面倒くさがりな方でも始めやすいでしょう。

継続することで走れる距離が伸びたり、早いタイムで走れるようになったりするので、日常の中に少し挑戦の要素を取り入れることで、無理なく達成感を得られます。

この成功体験は代えがたいものですので、ランニングを生活に取り入れることで、コンスタントに自己肯定感を高めることができるようになります。

睡眠の質が高まる

軽いランニングのような運動をすることで、寝つきが良くなることが報告されています。また、ランニングをすることで分泌されるセロトニンにより、睡眠障害が軽減されることも知られています。

こうして睡眠の質が高まると、幸福度を増大させたりメンタルを安定させてくれるホルモンの分泌がより活発になるという好循環を生み出すことができるでしょう。

メンタルを整えるホルモンが分泌される

ランニングをすることで、メンタルに良い効果をもたらしてくれるホルモンが分泌されることを期待できます。

有名なものだと、ドーパミン。これは脳が快感を感じた時に分泌されるホルモンですが、ランニングをしている時も分泌されます。

ドーパミンが分泌されることによって、やる気が増幅したり、幸福度が増大することが期待できます。

また、「脳内麻薬」という言葉が示している通り、ドーパミンが分泌されるとさらなるドーパミンの分泌を求めてランニングがさらに楽しくなります。この「脳内麻薬」には身体的な害は全くないので安心してください。

「最近あんまりやる気が出ないな」という方は、ランニングを試してみてはいかがでしょうか。

また、セロトニンというホルモンも有名です。セロトニンは気持ちの上下をコントロールしてくれるホルモンで、セロトニンの分泌により幸福度の増大が見込めます。

セロトニンは太陽の光を浴びている時に分泌が促進されるので、晴れた日には外でランニングをすると良いでしょう。セロトニン分泌によって、うつ病の改善も期待できます。

集中力が向上する

先ほども登場したドーパミンですが、実はドーパミンの分泌によって集中力も向上します。ランニングをすることで脳が最適な状態に整えられることもあり、自分の集中力に課題を感じている方はランニングを生活に取り入れてみてはどうでしょうか。

また、より強負荷のランニング(タイムを短くする、長めに走るなど)をすることにより、メンタルに対してさらに良い影響を及ぼすという報告もあります。少しランニングに慣れてきた方は、ぜひチャレンジしてみましょう。

理想の体型が得られる

ランニングは脂肪燃焼効果が期待できるので、自分の理想的な体型に近づけることができます。自分の理想のプロポーションに近づくことで、自己肯定感が高まったり、対人的に積極的になれたりして、よりランニングを継続したくなり、メンタルに良い効果を及ぼすことは間違いありません。

ランニングで心も体も健康になりましょう。それでは!

タイトルとURLをコピーしました