ランニング初心者は何キロ走る?目標にしたい距離を紹介

ランニング

こんにちは。

ランニング初心者の方は、距離の感覚がつかめないことも多いかと思います。 

今回は、そんな方に向けて初心者ランナーが目標にするべき距離をどう設定するかということを紹介します。

本記事を参考にして、目標を立ててみてくださいね!

最初の最初は、距離を目標にしないほうがいい

ランニングに体が慣れていない方の場合、感覚と距離が結構ずれてしまっていて、思っているよりも距離を長く感じてしまい、気持ちが折れてしまう可能性があるからです。

例えば、最初から「よし、2km走ろう!」と目標を設定しても、実際は2kmって結構距離があり、途中できつくなってしまいかねません。

その結果、ランニングが嫌になってしまってはもったいないです。

また、芝生や土の上を走っている方ならまだ良いですが、アスファルトや道路を走っている方は、実は足腰・体全体に結構な負荷がかかっています。

つい無理をしてしまう努力家の方ほど、妥協して途中でやめることができずに無理をして、体を壊してしまいがち。

無理は禁物。少しずつレベルを上げていくことを意識しましょう。

30分走り続けられることを目指そう

ということで、初心者ランナーの方は、まずは30分走り続けられることを目指しましょう。

30分としているのは、最初は30分でも走り続けるのは結構大変ですし、有酸素運動が効果を表すのは20分以降と言われているからです。そのため、30分というのは最初にクリアするのにちょうどいい目標となります。

さらに、最初から30分完走を目指すのはきつい、という方は、10分完走、20分完走と段階的にレベルを上げていきましょう。

時間がかかっても、体を慣らしていく方が無理なく続けられますよ。

慣れてきたら5km走ってみよう

初心者ランナーの方は、30分走り続けられる体力をつけられたら、次は5km完走することを目指しましょう。

5kmは長く感じられますが、実は30分走り続けられる方なら5km完走は目前です。

というのも、8km/h(早歩きより少し早い程度)で30分走れば、4kmも走れることになるからです。

また、5kmを走れるようになったら、5kmコースの市民マラソン大会に出場することもできるようになりますよ。

5km達成以降は、目的に応じて自在に目標を設定しよう

5kmを完走できる体力がつけば、もう基礎体力としては十分です。

それ以降は、

・距離を伸ばして、ちょっと遠くまで走ってみる

・タイムを縮めて、ハーフマラソンに挑戦してみる

・5km走の頻度を高める

・ランニングウェアを揃えて、コーデを楽しんでみる

・旅先で、朝ラン

など、自分の興味に応じて、様々にランニングの楽しみを広げていくことができます。

実際、ランニングが本当に面白くなるのはここからといっても過言ではありません。

人生に、大きな楽しみが一つ増えますよ!

タイトルとURLをコピーしました