ランニング中に音楽を聴くのはあり?なし? メリットデメリットを一挙公開!

ランニング

ランニングは長時間行う場合もあるので音楽を聴きたくなる方も多いのではないでしょうか?
しかし一方でランニング中に音楽を聴かないことにこだわりを持つ方も多いと思います。

そこで今回は音楽をランニング中に聴くことのメリットデメリットを紹介していこうと思います!!

(RUNNETから引用)

音楽を聴かない派聴く派はきれいに分かれていますね!面白い結果です。聴く派聴かない派どちらにも良い点があるのでしょう。

メリット

1走るスピードを一定に保てる

走る上で重要なのはペースを一定に保つことです。ランニングでペースを保てないと最後の方でバテてしまい目標の距離を走れない恐れもあります。そういう時は音楽を聴くことが効果的です。聴いていると自然と音楽のペースに合わせた走りになります。自分のペースにあった音楽を聴くのが重要です!

2ネガティブバイアスでランニングを楽しいものにする

音楽好きは聴くだけで心が躍るものです。心理学的にも認められていますがランニング自体が退屈なモデあっても音楽を聴き楽しさを感じることでランニングを楽しいものと脳が捉えてくれます。ランニングを続けるモチベーションにもなり効果的です!

3リラックス効果

音楽には人間の苦痛や不安、痛みをやわらげる効果があります。なんでも1/f揺らぎと呼ばれる音響振動数が生態リズムと同じ振動数だそうです。1/f揺らぎとは規則正しい音とランダムで規則性のない音の中間の音で、人間に快適感やヒーリング効果をもたらしてくれます。この揺らぎを歌声に含む代表的な歌手はMISIA、美空ひばり、宇多田ヒカル、徳永英明、Aimerなどです。

是非彼らの曲を聞いてみましょう!

4集中力UP

アスリートが試合前に音楽を聴くのには理由があります。音楽を聴く事は集中力を高めるためのルーティンになるのです。周囲の雑音をシャットアウトし自分の世界に入り込めます。

この集中する行為はヨガにもみられます。周囲の雑念を取り払い「今」に集中できるため不安やストレスからから解放してくれるのです。

デメリット

1自分の体験をコントロールしてしまう

屋外でランニングする都市住民にとってランニングは自然の中に身を浸す数少ないチャンスです。しかし音楽を聞いてモチベーションを上げたりする事で自然の中にマインドを解き放つこと機会が失われてしまいます。ランニングは脳にとってに小さな冒険であり基本的に予想のつかない環境に身を置いた方がリラックスできます。

2音楽機器の物理的な危険性

ランニング中にイヤホンコードが邪魔になりストレスがかかりランニングの効率を落としてしまうことがあります。Bluetoothを使用するなど対策しなければなりません。またイヤホンコード自体が腕と絡まり合い故障する可能性も否定できません。

周囲の音が聞こえなくなることは近くを通る自動車やランナー、歩行者の存在に気づかせることを遅らせてしまい危険です。十分に注意しなければいけません。

まとめ

ランニングをする目的やランニングの好きなところは人それぞれです。そのためランニング 中に音楽を聴くべきかどうかに明確な答えはありません。自分の目的に音楽を聴くことが適しているなら聴けばいいと思います。この記事を参考にしていただければ幸いです。それでは!

タイトルとURLをコピーしました